三角山 〜 ハチャム・エプイ


初秋の三角山 ●三角山
札幌市西区山の手にそびえる標高311メートルの小さな山。美しい円錐形をしているところから、昔は円山、今は三角山と呼ばれています。
その昔アイヌの人たちは「ハチャム・エプイ〜ムクドリのいるつぼみ山」と呼んでいました。
山道をゆっくり登っていくと小1時間で山頂に着きますが、途中、「ヤマンバの坂」を登って近道しようとすると、えらい目にあってしまいます(経験談)。
毎年7月23日(ふみの日)には山頂に臨時郵便局が開設され、三角山の一等三角点をデザインしたスタンプを押してくれるそうです。

参考文献:『北都西遊記』(札幌西区役所編)


§

[閉じる]

AESOP,Limited. ※このウィンドウは、読み終えたあと閉じてください。

Copyright © 1999-2004 AESOP, Limited. All rights reserved.
Last Updated: 2004/11/15